カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本からのお客様、Yちゃんのリクエストにお答えしてレイク・オハラ!!またまた行ってまいりました!!!今年3回目、贅沢なハイキングです。

今日は写真家のNobさんもご一緒。早朝6時にキャンモア発でレイクオハラへは7時20分着、もう何人かキャンセル待ちの人たちが並んでいましたが(レイク・オハラ入山はチケット制)、運良くキャンセル待ちにも乗っかって、さぁ、出発です。

今春までキャンモアにすんでいたYちゃん、レイク・オハラは初めてということで、それならば、と今日も欲張り3湖めぐりです。まずは一番大きくて青いマッカーサー湖へ。
途中にあるシェーファー・レイクはまだ日が当たっていませんでしたが、湖面には周りの景色が美しく映えて、立ち止まらずにはいられません・・・。

シェーファー湖
メアリー・シェーファーという女性探険家の名前がついた湖。

シェーファー湖
シェーファー湖面のリフレクション、きれい・・・。

初めてのオハラにはしゃぐYちゃんにつられて、けっこう速いペースでレイク・マッカーサーに到着。前回来たときよりもずいぶんと日が傾いてきたせいかやや逆行がまぶしいかな。でもあいかわらずのこの青さはお見事!

マッカーサー湖
太陽が低くなってきて写真を撮るのがとても難しい光加減でした。

いつも湖主体なので周りの山々にもたまにはスポットを。

0910lo3.jpg
マウント・オウェン(Mt.Owen)

オデレイ山
振り返ると先月20日に登ったオデレイ山が。

7月末に3湖めぐりをしたときと同様、今日は時間との勝負。最終バスの出発する6時半までにはオハラ湖畔のバス停まで戻らないといけないので、あまりゆっくりはせずに次の目的地オパビン湖へ向かいます。
Yちゃんは大はりきり!ゆっくりしたがるNobさんの背中を無情に押して、All Souls Alpine Routeをぐいぐい登っていきます。華奢な体からは想像もつかない体力。鍛えたね。

山岳ルートから
山岳ルートの上では軽くランチ後、Nobさんのハーモニカ演奏を楽しみました。

AllSouls Alpine Route
All Souls Alpine rout くだりはこんな感じで。

山岳ルートを抜けて、前回は行かなかったオパビン・プロスペクトにも1年ぶりに立ち寄りました。ここは初めてレイク・オハラに足を運んだときに、湖の全貌を上からはじめて覗いて度肝を抜かれたところ。そこからはこんな景色が・・・。

オパビン・プロスペクト
山岳ルートから見るよりも間近にオハラ(右)とメアリー湖(左)を見下ろせます。

オパビン・プロスペクト
ここははじめての2人ともうっとり・・・

さてさて、足早にオパビンレイクへ向かう途中にたいへん珍しいものを見ました。

木登りマーモット
木登りマーモット

いつも岩の上でのんびりしているもんだと思っていたのですが、木にも登るんですね。はじめてみました。

ハンガビー・レイク
オパビンレイク手前のハンガビーレイクの湖畔はカラマツの林。2週間もしたら湖面に黄葉が映えてきれいですよ。

オパビン・レイク
かわいらしいオパビンレイクも湖面が澄んでいてきれいでした。

オパビン・レイクで少し休んでから、大好きなヤクネス・リッジの山岳ルートを越えてレイク・オエサへ。ここは山岳ルートといっても高低差があまりなく、オハラを望む景色もいいのでお気に入り。

ヤクニス・リッジから望むレイク・オハラ
手前のラーチもやや黄みがかってきていました。

レイク・オエサについたのはほぼ前回7月末と同じ時間、でも、日がかなり低くなっていてすでに湖面全体がかげっていて、残念。オエサは他の湖よりも周りを高い山々に囲まれているので、太陽の低いこの時期は、日のあたる時間は真昼のほんのひと時だけです。

レイク・オエサ
オエサ湖はかげってまっくら・・・でも・・・

オエサ湖畔
山に光が当たっているので澄んでいるところはこんなに雪山の映り込みが!

オエサ湖畔は日陰なので、日の当たるビクトリア・レイクまで下りてコーヒータイム。Nobさん、コーヒー飲めないの知らなかったぁ、別のもの用意してなくてごめんなさいm(__)m。

ビクトリア湖
ビクトリア湖はオエサの下にある湖。

ヤカン君
本日のヤカン君、ここ(ビクトリア湖)では始めて。

そうして下山、いつものところでYちゃんにオハラ・ブルーを感動してもらいます。ここからが一番オハラは青く見えるかな。

レイク・オハラ
今日もいい感じ。

予定通り、9時から歩いて6時過ぎ終了、ちょうど良い時間に下山できてほっとしました。8時間歩いてもぜんぜん疲れを感じさせないのがレイク・オハラハイキングの不思議なところ。いったい何なんだろう、この自然が人に与えてくれる力は・・・。

オハラ湖畔
オハラ湖畔もリフレクションがとてもきれいでした。

16日には日本に帰ってしまうYちゃん、初めての挑戦でこんな最高のコンディションのオハラのハイキングを楽しめるなんて、一緒に行ったにもかかわらず、うらやましいかぎりです。よかったね。

キャンモアに帰ったらNobさんの奥様J子さんがカツカレーを用意して待っていてくださいました。カツカレーは大好物。トンカツなんて久しぶりです。J子さん、ありがとうございました。

みたび、オハラです。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
上下逆さにしても解らない綺麗な湖ですね、
何時も凄いな~と♪
空気も美味しいんだろうと想像出来るけど、
私の知ってる1番美味しい空気って、
いつの何処だったろう・・・^^;
風もない良いお天気だったのかしら、
空も湖も静かに見えます。
2009/09/18(金) 06:13 | URL | あむやまざき #-[ 編集]
あむさん、
はい、風のないすばらしいお天気の中でのハイキングでした。
とても贅沢なことをしているな、といつも周りの全てに感謝しています。
歩きながら、ありがとう、とつぶやきたくなるような・・・。
風のにおいも緑のにおいも、時には雨や雪のにおいまでも、
ほんとうに美味しい空気、ただ薄いので大きく深呼吸が必要です^^。
2009/09/18(金) 14:17 | URL | BanzaiRocky #.Lj5XGds[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/76-05e24b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。