カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンプ2日目、

朝の空気はすがすがしく、ていうか寒すぎて目が覚め、朝から焚き火をおこしにかかりました。ファイヤーピットっていいねぇ。あったまるぅ。

身体が火でほぐれたところでちょっとお散歩。水鳥湖から聳え立つケフレン山(通称「黒いピラミッド山」)は朝日をうけて黄金色に輝いています。

ケフレン山
「黒いピラミッド」が「黄金のピラミッド」へ。

朝ごはんはお味噌汁にぞうすい。おいしかったです。日本のインスタントってさいこう。もって来てくれた愛娘に感謝感謝。

自転車旅行のN君を見送ってからゆっくり目の出発。タイミングベルトから異音、そろそろ車の総点検しとかなきゃ。そのまま帰ろうかとも思っていたのですが、天気もいいしやっぱりもったいない、血が騒ぐ・・・愛娘が言うようにこれは「歩かなきゃ」という強迫観念なのだろうか・・・。

というわけで今日はレイク・ルィーズから登っていくデビルズ・サム(Devil's Thumb)へ。前々から行きたかったところ、どんな景色が待っているのか期待大!!

デビルズ・サム
正面左の岩山、一番高い岩の塔がデビルズ・サム

まずはレイク・アグネスまで。ここはレイク・ルィーズから一時間足らずで気軽に登れて湖畔にティーハウスもあるので観光客に人気のスポット。今日もたくさんの観光の方がティーハウスに訪れていました。

アグネス湖
レイク・アグネスとティーハウス

ここから先は一気につづら折のトレイルを上っていきます。ゆっくりゆっくり一歩づつ、けっこうたいへん。

のぼりつめるとそこはビッグ・ビーハイブ(Big Beehive)と呼ばれる展望所。レイク・ルィーズが真下に。

レイク・ルィーズ
ビッグ・ビーハイブから覗き込むレイク・ルィーズ

ビーハイブを少しお散歩して、ここからが本番。標識にも地図にもデビルズ・サムの表記はない、しかもなぜかサムへのトレイルは倒木で閉鎖されている・・・そんな方向へ向かいます。

トレイル・サイン
ここにデビルズ・サムへの分かれ道があるのですがサインにはなんの表記もナシ。地図にも道はありません。

デビルズ・サムのトレイルヘッド
いきなり倒木が道をさえぎっています。まるで「来るな!」と言っているよう・・・。

デビルズ・サム・・・悪魔の親指・・・某ハイキングガイドの方が「ここはお客様を連れてはこれない」といったところ・・・どんなところなんやぁ???

こんなところでした。

崖際のトレイル
トレイルは40cm幅くらい、左側は切り立った崖です。

雪崩
あまりの陽気に雪崩連発、レフロイ氷河からけたたましい音を立てて雪が崩れ落ちてきました。

こんなところでした。

デビルズ・サムへの急斜面
まるで垂直のような滑りやすい斜面、手足両方を使って登ります。

こんなところでした。

デビルズ・サム、最後ののぼり
おっこちそうな急斜面を登ると今度はガレキの壁が・・・空へ向かって歩きます。

そして、とうとう頂点へ!

デビルズサムのケルン

すぅううううううごぉおおおおおおいぃいいいいいい!!!

下界にはアグネス、ルィーズの二つの湖を従えて、後方にはビクトリア氷河が迫るよう。
期待以上の景色に絶句、垂直のように見えた急傾斜、登った甲斐が・・・・V(^O^)V。

デビルズ・サム
愛娘、けっこう高いところ、険しいところ苦手です。よくがんばった!!

デビルズ・サム
なんとかは高いところが好きです。

デビルズ・サム
ついでにヤカン君も。

あまりの景色に意味もなく同じアングル3連発、サーバー容量の無駄遣い・・・。

ビクトリア氷河
振り返るとビクトリア氷河。床岩がすごいでしょ。

7月に登ったフェアヴュー・マウンテン(レイクルィーズを挟んで向かい側ね)からの景色もすごかったけど、ここもスゴ。誰も来ないので独占状態!ぜいたくぅー!!

先週から昨日まで、のんびりピクニックが続いていたのでなんだか久しぶりに山を歩いた、という感じ。体力的にはどっと疲れがでたものの、頂上でゆっくりランチ、コーヒーを淹れて、そして最高のお昼寝・・・もうしあわせ・・・。

バックパック用インスタント食品
初の試み!バックパック用の袋食品、パックにお湯を注いで13分(も)待つのだよ。

お父さんお昼寝のあいだ、愛娘は岩山の上をあちこち散策、シャッターを押すのに夢中です。そんな足音も心地よく、午後の陽気にひたすら浸かりまくりでした。

ハイキング後のデザートはフローズンヨーグルトとスラッシー!暑いときにはうまいんだよなぁ、これが。夕食は大好きなバンフの「エディズ・バーガー」。それからバンフで夕涼み。
あ、また食べ物の写真撮り忘れた。食欲は撮影欲をなくすようです・・・。

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
凄いけど、凄いけど、帰りの事を考えちゃう。><;
両手両足を使って登った急斜面、
降りる方が大変ってことはないのですか?
しかし、見事な風景ですね♪
2009/09/04(金) 02:07 | URL | あむやまざき #-[ 編集]
帰り、怖かったですよ。足を滑らしたらけっこう下まで落ちますね。
レイクルィーズの周辺はどこに登っても絶景ですが、やはり苦労すればするほど、ということでしょうか。そのうちMっ気たっぷりになってしまいそうです^^。
2009/09/04(金) 16:32 | URL | BanzaiRocky #.Lj5XGds[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/73-eb31a1a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。