カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーホー国立公園の名所、タカカウの滝からのびるバックカントリートレイルを歩いてきました。一日でも歩けるところですが、星空も眺めたかったので前日夕方からキャンプ。20年近く前、始めてカナダを訪れたときと同じキャンプサイトにテント設営、ノスタルジックな気分。

写真はこちらから。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1732807459930.70837.1830858203&l=bc0c928174&type=1

タカカウの滝から約4kmのところにあるLaughing Fallキャンプ場へのトレイルは、それほど起伏がないのでテントを担いでも苦にならない道のりです。テント設営後、夕食を食べてから一休み、暗くなってから満天の星を仰いで一人悦に入ります、変人だ。この日は他に誰も泊まっていないので周りの動物の気配には注意注意。五感は研ぎ澄まし、でも第六感と想像力はおさえておさえて、そうしないと見えないものまで見えてしまって怖いから。

翌日は早朝から展望のよいWhaleBackを目指します。前日とは打って変わってはじめから九十九折の続く斜面を登り続けて、森林線近くで展望が開けると、アイスラインのエメラルドグレイシャーからカテドラル山、スティーブン山、ワプティック連山の氷河群、ヨーホー氷河などが目に飛び込んできます。アイスラインのように間近で見る迫力はないものの、ロッキーは氷河だらけということを実感する景色。

ここからは下りでツインフォールズの上部、ツインフォールズクリークへ。左手にはホエールバック山、名前の通り、鯨の背に見えないことはない。

ツインフォールズ上部からは、けたたましい轟音とともに沢の水が80m下の滝つぼまで一気に流れ落ちて迫力あり。昔歩いたときは30kgの荷物を担いでの、しかもアイスラインからのフルトリップで、ほぼ修行状態(ぼろぼろ)だったのであまり周りを楽しむことはできなかったけど、ここは鮮明に記憶に残っているところ、あたりまえだけど全然変わっていない。水が落ちる際まで行くことができるのですが下を覗き込むのは怖い。日本なら柵してあるなぁ、きっと。

ここから進路を西にとってWaterfall Valleyへ寄り道。森林線付近から氷河の景色を楽しめるところです。お昼前なので氷河を眺めながらのんびり昼寝です。そろそろけっこう疲れてきた。

同じ道をクリークへと引き返して、次はツインフォールズの滝つぼへ。急な九十九折を今度はどんどん下って行きます。ひざによろしくない、、、。滝つぼまで来るとここはハイカーでいっぱい。本日はじめて人に会いました。

滝の周りはたたきつける水のミストが広い範囲に広がってマイナスイオンいっぱいです。タカカウの滝もそうだけど、こういうところはすこぶる気持ちいい、長居したくなる。すぐ近くには世界遺産のティーハウスが雰囲気よくたたずんでいます。カナダ太平洋鉄道によって建てられた築100年の建物、現在も期間限定で宿泊可、12時から3時までの喫茶店もオープン中。時間がおしてるので立ち寄らず、、、次回機会があったらいただきます。

ここからまたより道、今度は北のヨーホーグレーシャーを目指します、、、、が、ヨーホー川の上流までは行ったものの、そこからもう一丘(一モレーン)越さないと氷河は拝めなさそう。朝から20kmほど歩いてもう夕方、仕事があるのでもう帰らないと、、、残念ながら今回はヨーホー氷河、間近では拝めませんでした。タカカウの滝への道がクローズする10月頭までにリベンジしなくては。

キャンプ場に戻りバタバタと食事(ランチ食べるの忘れていた、疲れるはず)してテントを片付けてから帰路に着きました。あわただしく小走りでトレイルヘッドのタカカウの滝まで。この滝は超観光地で人がいつもいっぱいなんだけど、好きなんだよね。マイナスイオンのおかげかな。

気がつけばもう8月も最終週、あせります。さて次はどこへ行こうかな。



スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
五感は研ぎ澄まし、でも第六感と想像力はおさえておさえて、
そうしないと見えないものまで見えてしまって怖いから。

創作活動に入ってる時は、見えない物を見たい、そんな気持でいっぱいですが、
↑危険と隣り合わせのときには、とても大切な事ですね。
2011/08/29(月) 07:53 | URL | あむ #-[ 編集]
あむさん、
いや、なんというかただ怖がりなだけで、勇気がないんですわ、情けない(泣)。
2011/08/30(火) 00:11 | URL | banzairocky #.Lj5XGds[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/233-62f00160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。