カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も晴天です。仕事は休み。歩かないと損です。
今週はヤムナスカ、ハ・リンピークとシーズン初めにしてはきついところを立て続けに行ったので、今日は散歩程度のものを。というわけでバンフのトンネル山に行ってきました。

バンフの街中にあるこんもりとした丘です。標高わずか1690m、カナディアンロッキーの中で”山”と名がつくもので一番低いものです。バンフ自体が標高1360mのところにあるので実際に登るのはほんの300m強。あまりにも近くて今まで行かなかったところの一つです。

トレイルから望むサルファー山とバンフセンター
トレイルからの風景。正面サルファー山と右下の建物群がバンフセンター。

トレイルヘッドはバンフセンターというバンフの総合芸術大学から。手軽に歩けるハイキング(お散歩?)トレイルなので地元の人も頻繁に足を運ぶところです。ジョギングとかする人も多く、平日、週末問わずお散歩客でにぎわっています。

トンネル山から望むランドル山
ハイキングトレイルを20分も登るとこんな景色が。

のぼりわずか30分程度で頂上へ到着。頂上の記念碑には「この山に40年間で8000回登った女性がいます」と誇らしげに書かれていました。単純計算しても2日にいっぺん以上・・・、恐るべし、カナディアンロッキーの女性。

トンネル山山頂の記念碑
似顔絵は8千回登頂したアン・ネスさん。

banfftown1.jpg
山頂から望むバンフの町。右の山は我がスキーホーム、ノーケイ山。

キャンモアのグラッシーレイクといいバンフのトンネルマウンテンといい、町の我が家から気軽にお散歩できて、雄大な自然を感じることができるところがあるというのは本当に贅沢ですね。
ロッキー!ばんざい!
そう叫びたくなります。

フェアホルム連山を望むコーヒーポット
おまけ:今日のコーヒーポット。


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/20-4051f927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。