カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日途中挫折したAbbot Pass、再度挑戦してきました。本日は単独行、キバって日帰りしてきます。

昨日は山岳ルートでオエサまで行きましたが、今日は時間節約のため一般ルートを選択。50分ほどでオエサ到着です。15分休憩して、さ、ここから本番出発!
きつい傾斜ですが、その分一歩足を踏み出せば必ず1ftくらいは上昇します! 標高差約700m! ガンバ!!

20100930-1.jpg
まだ日の当たらないオエサも、これまたきれいです。

先日の予想外の下見のおかげで、登りやすそうなルートをしっかりトレース。岩につけられた目印も見逃さないように目を凝らして進みます。雪の残っているところを極力選んでは、そこはキックステップで完全直登、距離と時間を稼ぎます。

20100930-2.jpg
左手にはお月さま。

20100930-3.jpg
建物は見えているのに遠いなぁ・・・

20100930-23.jpg
岩に矢印が、きっと近い証拠。

オエサをちょうど10時に出発して、きっかり12時30分にアボット・パス到着!3時間は覚悟していたのでかなりうれしい。

20100930-4.jpg
AbbotPass到着!12時30分でした。

20100930-5.jpg
AbbotHut、1922年にカナダ太平洋鉄道によって建てられた山小屋。

20100930-6.jpg
標高2925mの峠にあるこの山小屋は、今現在はACC(アルパインクラブ・カナダ)の持ち物。

2年前、初めてプレーン・オブ・シックス・グレイシャーからアボット・ハット(山小屋)を仰ぎ見たときからあこがれていた場所です。ようやく来れました!

20100930-21.jpg
ハットの右側はもうロウワーグレイシャーの始まり(Death Trap Route)。この下がプレーンオブシックスグレイシャー。

20100930-12.jpg
デス・トラップとはるか遠くにプレーンオブシックスグレイシャー。

20100930-25.jpg
プレーンオブシックスグレイシャー、アーップ。下からこちらを見ると・・・。

20100929-19.jpg
こう見えます(プレーンオブシックスグレイシャーから見たアボット・ハット。

それにしてもすごい景色!いつもはレイクルィーズから仰ぐようにしてみているビクトリア氷河(アッパー)がすぐ真横に!! ロウワーグレイシャーはすぐ足元!!それにここにある山小屋、アボット・ハットは1922年に建てられたものですが、石造りのとても重厚で立派な建物。レイクルィーズからデス・トラップと呼ばれる氷河(ロウワー・ビクトリア氷河)を登るルートを使って、当時のスイス人山岳ガイド達が資材を運んできて造ったもの、気の遠くなるような、考えもつかない偉業です。

今日はハットも無人、誰もいない峠を独り占めです。雲ひとつない最高のお天気だし、いいのかな、こんな贅沢。


20100930-22.jpg
2925mでいただきます!

ハット内も見学させてもらい、キッチンを借りてランチ準備、食べるのはもちろん最高の景色の中です。

20100930-7.jpg
ハットの中からビクトリア氷河を望む。

20100930-17.jpg
談話室。

20100930-18.jpg
ロフトが寝室。

20100930-19.jpg
キッチンもとても清潔。

ハットの正面にはレフロイ山、裏手にはビクトリア山が聳え立っています。ここからそれぞれの山頂までは500mほど。ここから先は登山家達の領域。体力、精神力、技術をそなえ持つ者たちのみが足を踏み入れることができるところ。

20100930-13.jpg
レフロイ山。


20100930-26.jpg
ハットからビクトリア氷河を見下ろして。

20100930-15.jpg
ビクトリア山とビクトリア氷河。

20100930-24.jpg
いつもはレイク・ルィーズから眺めているビクトリア氷河の壁面がほぼ真横に見えます。

20100930-14.jpg
ビクトリア山の1ピーク。

暖かいインディアンサマーの昼下がり、2時間ほど最高の景色を堪能しました。この小屋の管理人になりたい、と真剣に思ってしまった。明日早朝から仕事でなければ泊まっていけたのになぁ、残念。次は泊まります。

20100930-9.jpg
惜しみながら700m眼窩のオエサへ、岐路に着きます。

20100930-120.jpg
同じ日陰のオエサでも、朝の色とまた違っています

本日の行程
08時50分:レイクオハラ・デイシェルター発
09時45分:レイクオエサ着
10時00分:レイクオエサ発
12時30分:アボット・ハット着(途中小休憩2回)
14時30分:下山開始
16時00分:レイクオエサ着
ビクトリア湖でゆっくりして18時レイクオハラ・デイシェルター着

スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
ロフトの寝床と、窓からの風景、ハイジの気分だわ♪
それに、空の青さ!綺麗ですね。
山小屋独り占めの食事、凄く美味しいでしょうね。
2010/10/04(月) 23:44 | URL | あむやまざき #-[ 編集]
Re: タイトルなし
あむさん、
足元も氷河、目の前も氷河、すごかったです。ハイジといえばスイス、この山小屋は、カナダ太平洋鉄道に雇われたスイス人の山岳ガイドによってつくられたんです。スイスの雰囲気が漂っているはず。カナディアンロッキーを世界に広めたのはスイス人山岳家達なんですよね、実は。だからハイジとはつながっています(^_^)。
何をべてもここではおいしいです!毎年通いたい・・・。
2010/10/04(月) 23:53 | URL | banzairocky #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/197-8a9511ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。