カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mちゃん遠征2日目の目標はEEOR。イースト・エンド・オブ・ランドル、ランドル山の東端の小ピークです。本当のサミットではないのですがサウスサミット(2540m)と呼ばれているところ。

20100603-1.jpg
キャンモアのメインストリートから望むランドル山。目指すは正面やや左のピークです。(撮影M)

10時前に出発、心配なのは風。トレイルヘッドからものすごい勢いの風に少しばかり不安がよぎります。「とりあえず森林限界線付近まで登ってあとは様子を見よう」ということで出発。

ショルダーまでは約40分で到着。まだ風がやみそうにはないのですが、少しお茶休憩だけをして次の目標、森林限界線のあるベンチ部分を目指します。

前回と同じく約1時間20分でベンチ部分へ到着。風はあいかわらずなのですが、先行のカナディアンの2パーティーが涼しげな顔で歩いているので、よっしゃ、日本代表も負けてはならじ、とピークに挑むことに。

20100603-16.jpg
ベンチまでは前回挑戦したけど。ここから先は未知の世界。(撮影M)

で、先行のパーティーのあとを追って行ったのですが・・・

20100603-3.jpg
こんな垂直の壁にぶち当たってしまった・・・。(撮影M)

彼らクライマーだったようで、たどり着いたのはこんな壁↑。途中までは登ってみたものの、上は氷が張っていてツルツルで危険、一度下りて迂回することにします。でもこの下りがまたたいへん。45度を超す急傾斜、滑りやすい礫の上を恐る恐るトラバースしていきます。

午後一時、ようやく登頂!Mちゃんも僕も始めてのランドル山サウスサミット。期待以上のすばらしさに大感激です。

20100603-12.jpg
この岩の上が山頂、上にいるのは先行の“すごい!”おじさん。

20100603-7.jpg
ランドル山サウスサミットからの眺め。

20100603-5.jpg
氷河が削ったサークが直下に。落ちたら・・・。

山頂は長さ10数m、幅2mほどの岩の上。一足先に着いたソロのおじさん、足を踏み外したら奈落の底の頂上で、ぽんぽんと飛び歩いておりました。すごい・・・。高所恐怖症で固まってしまっている僕、おじさんに「怖いよ、よくそんなに歩けるね」と話しかけると「登りなれてくれば大丈夫だよ、何度も足を運びなさい」といわれました。本当に慣れるのかな???

20100603-10.jpg
こんなおじさんになりたい。

20100603-13.jpg
50cm先は奈落の底。かなり及び腰で立っています。

高さと強風で固まっている僕と違ってうれしそうに頂のあちこちで写真をとりまくっているMちゃん、たいしたものです。見ている方が風で飛ばされるんではないだろうかと心配してしまいました。

20100603-4.jpg
余裕ありありのポーズ。

20100603-6.jpg
恐れず端っこまで果敢に挑むMちゃん。

キャンモアの町も1200m下にくっきりと。かわいらしい。

20100603-8.jpg
キャンモアは指でもつまめるし、

20100603-9.jpg
手のひらにも乗るくらい、小さな町です。

3、4日かければここからリッジウォークでランドル山の西側(バンフ側)に抜けられるそうです。食料積んでロッククライミングをしながらですけど。

20100603-11.jpg
おじさんはいつの間にやらもうひとつのピークの方に。あの先はセッピが見えています。下手に歩いたら落ちちゃうよ。

天気があまりよくもないのにこの感動、晴れていたらどれだけのものなんだろう、晴れた日に必ず再挑戦しなくては、と、高所におびえながらも心に誓ったのでした。

ショルダーまで下りてから遅いランチ。今日のおにぎりはMちゃん作。おいしくいただきました。ありがとうございます。

20100603-15.jpg
強風を避けて、遅いランチタイム。

4時に駐車場到着、長い休憩2つとランチタイムを取って6時間のハイキング・・・これはもう登山?・・・を楽しみました。最後にはこの辺で見かけるのは珍しいマウンテンゴートのお出迎え。今日も有意義な一日でした。
Mちゃん、2日間山歩きを付き合ってくれてありがとう!

20100603-14.jpg
ローレンスグラッシー山の岩肌にはこの辺で見かけるのは珍しいマウンテンゴートが。

最後に本ブログ初の動画、ランドル山サウスサミット360度の展望をどうぞ(撮影M)。
[広告] VPS


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
いつも見上げて行ってみたいなと思っていた場所の一つ。写真を見るだけで手に汗がにじみますが、頂きに立った時の気分は爽快だろうな~
2010/06/06(日) 17:34 | URL | すぎうら #-[ 編集]
すぎうらさん、
ランドル山は普通に登れるサミットが3つ、それぞれに味のある頂だと思います。EEOR、期待以上の爽快感でした。街や人工物が見える山頂はあまり興味がなかったのですが、それもありかなと思うようになりました。
2010/06/08(火) 00:23 | URL | banzaiRocky #.Lj5XGds[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/171-6ba195d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。