カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連休です!カナディアンロッキーに住むものとしてはお休みが続けば山に登らないといけないという法律があります。うそです。でもそんな法律があってもいい!!夏のハイキングシーズンには少し早めですがショルダーシーズンで行くことのできるコースをこの連休中にたどることにしました。

今日の目標はカナディアンロッキーの東の玄関口”ヤムナスカ”です!!カルガリーからロッキー山中に入るとき右手に見える扇を広げたような岩山です。

カナディアンロッキーの入り口 ”ヤムナスカ”

カルガリーからここまではほとんど平地だったのに、ここからいきなり2000mを越す山々の連なりが始まります。だから東の玄関と呼ばれているのですね。ヤムナスカ(Yamnuska)とは、アメリカ先住民の言葉で「石の壁」とか「平らな山」とか言うような意味らしいです。
ちなみにこの山の正式名称はジョン・ローリー山(Mt.John Laurie)といいますが、この名前で呼ぶ人を僕は知りません。

朝ゆっくりしてから11時半ごろからふもとの駐車場を出発。最初はなだらかな上りが続きます。西洋タンポポがトレイル沿いを飾っていました。

カナディアンロッキー ヤムナスカのハイキングトレイル カナディアンロッキー ヤムナスカのハイキングトレイル

駐車場からまっすぐにヤムナスカに向かうと、その壁にぶつかってロッククライミングをしないといけない羽目になりますので、途中、正面右側から回り込むようにして上っていきます。あ、ロッククライミングできます。ここはメッカです。
回り込んで横から攻めるので山も横から眺められます。こんな感じ。

カナディアンロッキー ヤムナスカのハイキングトレイル

遠くにロッキー山脈が雄大に連なっていて神々しい!

さらに進むとそろそろ森林限界線が近づいてきます。標高も2000m近くになるのでまだ雪があちこちに残っていて歩きヅラ(写真下左)。
また、このあたりまで来ると道路からはヤムナスカに隠れて見えない裏側の山々が見えてきます(写真下右)。

カナディアンロッキー ヤムナスカのハイキングトレイル カナディアンロッキー ヤムナスカの道路からは見えない裏側

そしてとうとう壁に激突!道を失いました(^-^)。

カナディアンロッキー ヤムナスカのハイキングトレイル 森林限界線あたり

裏に回り込む道があるはずと探して回ります。たまたまロッククライマーのお2人がいたので尋ねてみたら「昨日私達もトレイル側を行った」ということで行くべき道を指してくれました。

カナディアンロッキー ヤムナスカのロッククライマー カナディアンロッキー ヤムナスカのハイキングトレイル

上の写真右の岩の裂け目だそうです。少し手前になだらかそうなトレイルもうっすらついていたのですがきっとこっちが近道に違いない!ここから先はガレ場だらけです。

にしてもこの先は道がわかりづらくて、右往左往です。とにかく見えている高いところへ向かいました。そしてようやく彼らが登っていた岩の上までは到着。ここでいい時間だったのでご飯です。

我がコーヒーポットもこんなところまで・・・。 まだまだ先はあります

おにぎりとカップラーメン。シーズンはじめのハイキングは忘れ物が多いです・・・。カップラーメン用のおはしを忘れました・・・(T_T)・・・。仕方がないのでカップを梱包していた厚紙で即席のお箸作成。でもすぐふやふやになって結局口に流し込むようにして食べることに。持っていくものリストは最初いりますね。

天気予報が当たって雨がちらつき始めました。2000mで雨にぬれるとさすがに寒いです。温かいコーヒーを淹れて何とかサバイブ。

もう少し上があります。おなかが落ち着いて、雨もやんだところで再び道があってないようなガレ場を進みます。でも、今度はそれほど迷わずに・・・・・。

カナディアンロッキー ヤムナスカのピーク

目標地点に到着!!

下界から見えているヤムナスカの右側のピークです。ほんとにまったいらな壁ですね。

今日がヤムナスカ初登頂でした。こんなにすばらしいところとは思いもよらず・・・いや、思っていたのですが想像以上のすごさです。先住民の人たちはこの山を聖地としていたという話を聞いたことがありますがなるほどです。余りの気持ちよさに軽く太極拳なども舞ってしまいました。この世には”気”というものがあるんだな、と実感してしまう、そんな場所です。

余りにも気持ちがいいので1時間以上もこのピークにとどまりました。風が強いと聞いていたのですが今日はそれほどでもなかったので。

高いほうのピーク(2240m)は今日は遠慮しておきます。今シーズンもう一回来なきゃ。次回のお楽しみです。

帰りは西の空、ちょうどヤムナスカの上に太陽が来てさらにこの山の神々しさを感じさせてくれました。ゆっくり写真を撮りながら登って、下りて、それでも6時間、こんな短さでこれだけの風景を楽しめるなんて、ここに住んでいて良かったなとしみじみ思う一日でした。

カナディアンロッキー ヤムナスカにかかる後光




スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/17-d8740dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。