カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20100518-2.jpg
キャンモアの町-レディ・マクドナルド山中腹から-。

午前中は英会話クラブ、TutorのJeanと英語のサウンドの話で盛り上がる。彼女は発語のプロフェッショナルで言語学からのアプローチで子供達を中心に英語を教えている方。すばらしくきれいな英語を話してくれるご婦人、その言葉と調べには毎度聞きほれてしまいます。こういう風に話せるようになりたい・・・100万年はかかりそうですが。

もう夜の10時頃まで明るいカナディアンロッキーです。クラブが終わったお昼過ぎからも、いろんなことができる!高緯度地方に住む者の特権です。

というわけでお昼2時から山歩きスタートでした。目指すは裏山、レディ・マクドナルド山。去年ショルダー部分までは挑んだのですがまだサミットは見ていないところ。今日はサミットを目指します。

20100518-4.jpg
ショルダーから仰ぐファーストピーク(右)とサミット(左)。

予報は雨だったにもかかわらず快晴の午後でした。

今シーズンはまだ歩きなれていないので最初の一時間は結構辛い・・・。この山は九十九折のトレイルになっているもののほぼほぼ直登に近い感じで登っていきます。、コンパスについている傾斜計で計ってみたら比較的緩やかな下のほうでも25度前後もの傾斜がありました。きついはずだわ。

20100518.jpg
トレイルすぐそばまでえさを食べにくるビッグホーン・シープ。

2時間ほどで去年来たショルダー地点に到着。ほぼ一緒の時間に出発したカップルとしばし歓談。「ファーストピークからサミットまで向かう稜線にはまだ雪が残っているから気をつけて、無理をしないでね」そういわれてお別れ。ここからサミットまではトレイルのないスクランブルになるのでほとんどの人がここで引き返します。

20100518-3.jpg
標高2300mから望むスリーシスターズ。

さて、ここからが今日の本番。傾斜もさらに急になり、ずるずるすべる砂利の上を気をつけて進みます。

20100518-6.jpg
この角度、下は崩れていく砂利、良い靴がほしい・・・。

森林限界線にあるショルダー地点が約2300m、サミットまでは残りわずか200m、すぐそこに見えているのですがこのスクランブルがかなりの曲者、傾斜を計ってみたら40度を超していました。滑ったら止まらないな、と一歩一歩を確実に踏んでいきます。

ショルダーから1時間近く上がってもうすぐファーストピーク、というときになんだかいやな予感が・・・。東西両方の空が黒い・・・まさか、と思ったらいやな音が聞こえてきました。

20100518-7.jpg
ゴロゴロいやな音が・・・。

雷雲です・・・それもバンフ方面、カルガリー方面両方から。うそー! 森林限界線を越えた後の雷ほど恐ろしいものはありません。2年前にもボウサミット付近で怖い目にあっています。目標はもうすぐ目の前なのに・・・。

20100518-5.jpg
ピークまでもうすぐそこなのに・・・(泣)。

当たるも八卦、当たらぬも・・・なのですが、命には代えられないので逃げ場を考えなくては、です。幸い、まだ雲がこの辺に来るには時間がかかりそう。悔しいけれどショルダーまで下りるのが得策のよう。それもできるだけ早く。

傾斜40度の礫の上、すべるようにして下りていきました。雪が残っているところは本当にお尻で滑り台状態。さすがに大きな雷鳴が鳴ったときには地面にぴったり這いつくばり状態です。こわかったぁ。

あちこち擦りながら20分弱でショルダーのティーハウス跡へ非難。頂上で飲むはずだったコーヒーはやむなくここでいただきます。あぁ、あたたかい。

20100518-8.jpg

幸いレディ・マックに雷は落ちることなく雲は通り過ぎましたが今日のサミット登頂は断念。あんなに良い天気だったのに、悔しいなぁ・・・。ま、自然には勝てないので仕方ありません。天気が確実に良さそうな日に再挑戦です。

ショルダーからの下りはゆっくりと、上から急いで駆け下りたので膝がもうガクガクでした。もともと弱いところなので何とか鍛えなくては。

20100518-9.jpg
ポプラの新緑が雨に打たれてきれいに輝いていました。

レディ・マクドナルド、家のすぐ裏山なのにいまだ頂にとどかず。まるで青い鳥・・・。

20100518-10.jpg
無事にふもとにたどり着いたら雄大なスリーシスターズが間近でお出迎え。


おまけ

20100518-11.jpg
豚トロとスイカのサラダに、

20100518-12.jpg
リブステーキ、

20100518-13.jpg
鱈の香草ソース和えに、

20100518-14.jpg
ジェラートとシナモンパンのデザート。

無事に生還できてよかったと思った瞬間・・・キャンモア名店「クレイジー・ウィード」での本日の夕食。Jさん、ありがとうございました。


スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
近くて遠い。
そんな場所があるだけでも素敵。
やっと行けた時の感動は何ものにも変えがたいのでは。

えー、その豚トロとスイカのやつ、
白ワインでお願いします。
2010/05/21(金) 20:41 | URL | ける #LH9HBPig[ 編集]
Re: タイトルなし
けるさん、
来月初旬にもう一度チャレンジです。今度こそ感動を!

豚とスイカがこんなにも合うとは思いませんでした。Withビールだったけど。
日本の豚トロで作ったらなおさらかも。作って試してみてください。もち、白ワインで。
2010/05/22(土) 15:33 | URL | banzaiRocky #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://banzairocky.blog78.fc2.com/tb.php/163-f6e1219c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。