カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2012/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年9月19日の記(ただいま怠けていた分のアーカイブ中です)

...つづき
さて翌日、興奮してあまりよく眠れなかったけど5時起床。気になる天気は、、、、猛吹雪、、、。これはまた無理か、と二度寝に突入。7時に再び起きるもまだ外は吹雪いています。ビクトリアを狙っている3人組もまだ様子見。とりあえずご飯を食べて待機、天気が好転する様子も見えず、無理っぽい感じが漂います。

DSCF1351resize.jpg

9時少し前、まだ外は吹雪いているのですが、同宿の3人組がパタパタと準備をし始めて(あきらめて帰るのか)と思いきや、「では行って来る」と言ってビクトリアへの登頂開始。すげ。僕らはもう少し待つことに。

10時頃になってようやく時折晴れ間が見えてきました。これなら行ける、レフロイ狙いでくずれたら引き返そう、ということで、予定よりかなり遅くなったけれどレフロイ山に向けて出発です。

DSCF1369resize.jpg
時々だけど空にはこんなに青が広がった。

DSCF1376resize.jpg
峠で天気が2分されるのがはっきりわかる。左(BC側)は曇り、そして右(アルバータ側)は晴。

DSCF1382resize.jpg
リードしてくれるクリスが頼もしい。

IMG_5150resize_20120727112717.jpg
斧をさしながら、えっちらほっちら歩きます。足つめた。

DSCF1379resize.jpg
確保して振り返ると、、、

DSCF1384resize.jpg
眼下にはレイクオエサと、そしてレイクオハラも見えてきた。

とにかくキックステップで上へ上へ、僕の履いているのはオールシーズンの登山靴だけどさすがに冷たくなってきた。ここでは冬専用の靴、必要だなぁ。きりのいい所で昼食をとることに。急傾斜でどこにも平たい所がないのでまずは小さいながらも平地をつくってしゃがみ込みます。

DSCF1387resize.jpg
朝一で出かけられていたら必要ない時間だったのでもったいない。

DSCF1393resize.jpg
食事中、足下にはレイクオエサとレイクオハラ。

昼食の時点で3時間半近く経過していたので間もなく稜線だろうと見当をつけて(このとき上は霧で全く見えず)、ここに荷物を置いて身軽で登ることに。ところが、これが失敗。五十メートルほどあがったらなんと足下が斧も少ししかささらないようなカチカチの氷に。斧とクランポンのみ、ロープなし、あとどのくらいかわからず、危険か、ということで仕方なく下りようか、というとき、、、

DSCF1397resize.jpg

晴れ間が見えて稜線がはっきりしました。あと20mくらい。それならば、とやや無謀だったけど足場を慎重に探りながら進みます。そしてようやく、

DSCF1400resize.jpg
稜線到着!

DSCF1407resize.jpg
右は崖っぷち。

ちょっとだけど晴れてくれた。でも残念ながら下界の様子ははっきり見えず、リッジの反対側が見たかったのだけどクリフしか拝めませんでした。

山頂まではもう少し歩かないといけないのですが足下の状態が悪いのと、ロープもおいてきたので今回はここまで。それでも達成感は言うこと無し。天気のいい日にしっかり山頂を踏みしめたいと思います。さ、くだりくだり。

IMG_5153resize_20120727123245.jpg
名残惜しんでいる僕を、先におり始めたクリスが下から撮ってくれた。

IMG_5156resize.jpg
下り、氷の部分は慎重に。

硬い氷の部分を超したらあとは急傾斜を滑り台のようにしてお尻ですべるすべる。滑落停止訓練を何十回も繰り返している感じ。クリス、滑るのうまい。マネをするけどなかなか僕はうまくいきません。ずいぶんとはなされてしまいました。

DSCF1444resize.jpg
左下、アボットパスハットも見えてきた。

DSCF1460resize.jpg
途中休憩、やや放心状態。

無事ハットまで帰還。興奮覚めやらず、もう一泊くらいハットに泊まって余韻を噛み締めたいのですが、明日2人とも仕事なので今日中に下りなきゃです。

アボットパスからレイクオハラまでもけっこうな距離。もうオハラから駐車場までいく最終バスには間に合わないから歩かなきゃ、と覚悟していたのですが、オハラから少し下りた所でパークスの職員が拾ってくれました。うーん、日頃の行いが良すぎるのだろうか、僕ら。

DSCF1469.jpg
Thanks Chris!! クリスとアボットパスハット(はるか後方)。

はじめてアボットパスに登ったときから憧れていたレフロイ山、稜線までとはいえようやく登れて最高でした。頼れるバディがいなければとても登れなかった所、ほんとうにクリスに感謝です!ありがとう、クリストファ!!

スポンサーサイト
2011年9月18日の記(ただいま怠けていた分のアーカイブ中です)

あいかわらず休みの日はあまり天気がよくないのですが、今回の2連休は楽しみにしていた本格登山、大好きなレイクオハラからアボットパスを目指し、パスの山小屋、アボットパスハットにステイしてレフロイ山とビクトリア山に望みます。

両山ともに雪と氷のミックスする急斜面、僕の技術ではソロは危険なのでバディが必要。今回は頼もしい山のエキスパート、同僚クリスがバディを引き受けてくれました。13歳から本格的に山を始めたクリスはアコンカグア7000mも制した男、安心してリードしてもらえます。

DSCF1314resize.jpg
オーストラリアからのクリス、アコンカグアを通常の3倍のスピードで登った男。バックはレイクオエサ。

8時半のシャトルバスでオハラ入り、レイクオエサを経由してアボットパスへと向かいます。気温は2度、天気は曇り、、、上は雪のようです。

オエサまでは軽いハイキング、ここからは急傾斜のザレ場が続きます。ちなみに前回登ったときのお天気のいいアボットパスの写真はこちらから。

http://banzairocky.blog78.fc2.com/blog-entry-197.html

雪とザレ場のミックスは非常に歩きづらい、、、確実に前回よりもペースが落ちているのを体感。さすがのクリスはこともなげに登っていって徐々に離されていきます。途中下山中の15人の団体様に遭遇、ハットにステイしていたようですが、上は吹雪でレフロイやビクトリアには登れなかったそう、うーん、自分達も二の舞か?と不安になります。

IMG_5127resize.jpg
レイクオエサ(右下)がアボットパスへのトレイルヘッド。

DSCF1324resize.jpg
15名のパーティーとすれ違い。前を行くクリスの荷物はゆうに30kgを超しているのに、悠々と急なザレ場を歩いていきます。どんどんはなされる。

「もしも登れなかったらあれ行こう、あれ」と楽しそうにクリスが指差すのはオエサ湖からのびる雪と氷のカベ、、、グレイシャーピークへのルート。氷河用のアイスオックスで登れるのか???アイスクライミング用の斧がいるよ。

DSCF1332resize.jpg
アボットパスハット到着。いつ見てもこの建物は美しい。

クリスに遅れること5分ちょい、ようやくアボットパス到着、山小屋へと駆け込みます。中途半端な雪でさすがに前回より30分ほど時間がかかってしまった。今のところ誰もいなさそうだけど下から3人登ってくるのが見えたから今日は5人かな、なんて思ってたらほんのちょっとでその3人が現れました、ずっと下に見えたのに、、、はや。10時半のバスできたというからオハラから2時間半できた計算。カルガリーからというこの三人、プロのガイドクラスのスピードです。彼らは明日ビクトリア狙いということ。

DSCF1349resize.jpg
すごいスピードで登ってきた3人。

外は吹雪いていて視界もほぼなし。計画では今日レフロイに登って明日ビクトリアに挑戦する予定だったのだけどこの天候では無理そうなので、明日どちらかに挑戦ということに。とりあえずみんなでマキを割り、雪をバケツに詰めて水を確保してから一休みです。一人だけ吹雪の中外に出て空の様子を伺っていると、ときおりのぞくレフロイ、ビクトリアの山肌が神秘的、ここまで来て登れなかったらさびしいな。

DSCF1334resize.jpg
アボットパスから見下ろすレイクオエサ。

少しだけ風がやんだのでクリスと練習、レフロイの斜面にギアと一緒に飛び出しました。歩き方から確保の仕方、ロープワークや滑落停止訓練など、雪山で必要な基本テクニックを一通り実践訓練、ありがとう、クリストファ。明日は早朝出発予定です。

DSCF1340resize.jpg
クリス先生の雪山講座。

IMG_5134resize.jpg
吹雪の中で練習中、登ったり下ったり。

はてさて、あとは明日の天気を待つばかり、どうなることやら。

つづく...

昨年のボウピークでブログを中断してはや10ヶ月。当時働いていたレイクルィーズと冬の仕事場サンシャインスキー場のネット速度があまりにも遅くて更新を怠けていたのだけど、夏の仕事でバンフに下りてきて、少し環境が良くなったので復活です。冬になったらまた環境とともに怠けるかもしれないけど。

とりあえず昨年秋からの思い出話をこれから書いていきまーす。
本日の写真はこの夏大勢で訪れたレイクオハラ。この記事にたどり着くまでどのくらいかかることやら。

P1020640resize.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。