カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2011/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンフ国立公園に隣接するクートニー国立公園。カナダでもトンキンバレー(ジャスパー)やウェストコーストトレイル(バンクーバー島)と並ぶバックカントリーハイキングコースの雄、ロックウォール(全行程5日)はそのクートニーの東に位置しています。5日も休みは取れませんが、23,24と連休だったのでそのホンの入り口(出口)、フローレイクまで1泊2日でテントを担いでいってきました。

写真はこちらから。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1679523367861.68389.1830858203&l=5dcf5b8486&type=1

午前中は雨、どうしようか迷ったのですが午後遅くから晴れてきそうだったので4時にトレイルヘッドを出発。日の長いカナダの夏だからこんな時間からもハイキングに出かけられます。

狭いトレイルは周りを藪でおおわれていますが、この時期は亜高山植物がいっぱい、目を楽しませてくれます。ラズベリーがあちこちに生えているのでこれは秋が楽しみ。熊の好物(ベリーやパースニップ)もいっぱいあるのでちとこわいですが。

ゆるやかな傾斜と2度の険しく長い九十九折で標高差700mをレイクサイドのキャンプ場まで登っていきます。わずか10.2kmなのに、さすがに20kgを超えるバックパックを担いでのトレイルは途中から肩にのしかかって、、歳を感じてしまう。

最後の長い九十九折、永遠に感じるくらい長い、、、。もう、すぐそこに目的の岩の壁は見えているというのにたどり着かない。ガイドマップによると一般的には反対方向からこちらに抜けるのがポピュラーだとか。よく見ると「傾斜の険しさのため」と書いてある。...納得。次回は反対まわりで来よう。

ようやくたどり着いた湖畔のキャンプ場はけっこう盛況。あぁ、週末だ、と思い出す。サイトが残っているか不安になるくらい満杯です。3つしか残りがなかった。本当に人気のバッカンコースなんだなと再認識。早速テントをはってから、湖畔にでて湖と岩の壁を見ながら遅い夕食を。今夜はカナダのキャンプ用携帯食料を試してみる。けっこううまいんだなぁ、これが。この日はテントでビールを飲んでおやすみなさい。翌朝に備えます。

早寝したおかげで5時過ぎ起床。ちと早すぎたけど湖畔に出て"うわさの"湖面のミラーリングを楽しみました。朝焼けに照らされてどんどんオレンジに代わっていく岩の壁とその湖面への反射は長いこと見ていてもまったく飽きが来ません。有名なシーンのはずなんだけど、これを楽しんでいるのは僕一人、あんなに人が泊まっているはずなのに不思議です。それにしてもお天気に恵まれて最高の一日の始まりです。

自然のスペクタクルショーを楽しんでからすぐに次の目的地へ出発。大きな荷物はキャンプ場において2.7kmさきのNuma 峠を目指します。標高差約300m。キャンプ場からパスまでは広大な落葉松の林。途中のラズベリーもそうだけど、この落葉松も黄葉が楽しみ、秋が待ち遠しい。

思ったよりも雪が少なく歩きやすかった。1時間ほどで峠へ到着。ここでゆっくりするのが今日の目的、峠から伸びるピークへ向かいのぼります。峠は越えるだけでなく、そこから伸びるピークも楽しむ、というのは以前スコーキバレーでT氏に教わった遊び方。少し上に上がるだけで違った景色、感じ方が楽しめるのです。

フォスターピーク側へのぼっていくとフローレイクが峠からよりも鮮明に青く見えて、さらに遠くの山々も見えてきだして、もうずっとそこでボーっとしていたい、、、あぁ、降りたくない。何組かのパーティーが峠を越していくのを眼下に眺めて、200度の展望を楽しんで、地図で山座同定を楽しんで、ただただボーっとするのを楽しんで、気がつけばもうお昼すぎでした。3時間以上いても飽きない、あぁ天国。

秋にはゆっくりと3泊以上でこのロックウォールのバックカントリー、楽しみたいなぁ。今から楽しみです。


PS キャンモアのK家に立ち寄ったらなんだか懐かしい顔がそろってBBQの最中、ご一緒させていただきました。いつもありがとうございます。

スポンサーサイト
横山光輝の漫画が好きでした。特に「バビル2世」。小学生の頃何になりたいと訊かれたら間違いなくバビル2世と答えていたでしょう。
モレーンレイクの隣にはバベル山がそびえています。そしてそのピークのひとつがタワーオブバベル、そう、バビル2世が住んでいたバベルの塔です。ブリューゲルの挿絵そのままにそびえたつ450mの塔にちょっくら登って来ました。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1663400644803.67615.1830858203&l=f9b7502da3&type=1

最初から最後まで険しいざれ場ですが、レイクオハラからのぼるアボットパスほど細かく、滑りやすいものでもないため、塔の下から上まで約50分で到達。クライミングスポットでもあるこの岩山、今日も2パーティーがトライしていました。

塔の鉄片は見事に平ら、クライマーの人たちが作ったのか、見事な石の家具がそろっていました。イスにソファにテーブルに、果てはテレビのような石の箱まで。この遊び心、にくいです。石のソファにくつろいで気分は塔の住人バビル2世。

天気は芳しくなかったけど、モレーンレイクも青々として、気持ちの良い朝を過ごせました。また天気の良い日に登ろうっと。

今年もやってまいりました。レイクオハラのシーズンです。まだマッカーサーもオエサもとけていないという話でしたが、いいんです、オハラは。オハラとメアリーだけで十分絵になるのです。あいかわらずキャンセル待ち、朝7時前から駐車場でスタンバイでした。早起きは気持ち良い。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1645968329006.66643.1830858203&l=ddb492acc0&type=1

昨日3週間にわたる火傷の治療も終わり、晴れて包帯が取れたので手が楽で楽で仕方がない。それにしても人間の回復力のすごいこと、ひどいケロイドが残るかな、と不安だったけどかなりきれいです。ペイジ先生、オシュレイ先生、ナブダック先生、ありがとうございました。

無事キャンセル待ちをゲットしていつものスクールバスでオハラまで。今日は奇跡の快晴です。

湖畔を犬と散歩していたロッジで働いている方のアドバイスを受けて、西側からオパビンへのぼり東側から下るルートを選択。アルパインルートはまだ危険そうということでヤクネスリッジは使わず一度オハラ湖畔に下りてからオエサを目指すことにしました。

ウェストトレイルを少し上がってから見下ろすオハラ、メアリーはあいかわらず素敵です。オパビンプロスペクトからの展望は、始めてここを訪れたときとまったく変わらない感動を与えてくれます。

オエサは凍っていたけれど、その下のビクトリア湖はとけて良い色を出していました。ここの滝はいつもすがすがしいマイナスイオンを発散していて気持ち良い。

オハラに戻って贅沢にロッジのアフタヌーンティーも楽しんで。あぁ、おいしかった。うわさのヤムナスカ新人ガイド、ジェームスともたまたま知り合いました。またね。

キャンモアのシンボル、スリーシスターズ。ビッグシスターはその名の通り、この3連山の長姉です。
地図にもトレイルは載っていないのですが、稜線伝いに直登できます。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1640075661693.66217.1830858203&l=4cdc758e01&type=1

駐車場で出会ったスティーブンとマックスの二人も登りたいというので一緒に上がることに。エドモントンからの二人はハードなところを探していたそうです。彼らがトレイルヘッドがわからなくて右往左往しているところ、出会いました。

とにかくずっと直登、、、森林限界線まではトレイルがありますがその後は約700メートル(高さ)のスクランブル。

がんがんのぼって頂上まであと150mというところで、、、ルートが氷に覆われました。険しい斜面に沿うほんの狭いルート、ここ以外いけそうなところはないか探したけれど見つからず。氷をけりながらいけないかとも試しましたがすべるばかり。クランポンでもあれば何とかなるのですが、、、残念ながらここで断念です。また8月にリベンジです。

途中断念でしたが、若い二人も楽しんでくれて一緒にランチ、コーヒーもできて、何より快晴に恵まれたすばらしい一日でした。今日は7月1日、カナダデー。良い思い出になりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。