カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2010/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナナスキスの Mt.Baldy に行ってきました。

Mt.Baldy
バリアレイクとバルディ山。画像はHike Alberta(http://hikealberta.com/)から。

本当はもう少し南にあるグリズリークリークに行こう、ということだったのですが、南側から忍び寄る雨雲を発見、急遽予定を変更してのバルディ山です。

40号線をはさんでバリアレイクの真正面に聳え立つバルディ山、通るたびに気になっていたところです。本日の参加は先日Ha-lingで一緒になった同僚Cちゃん、レイクルィーズからMちゃん、そしてハイキングの師匠Nさんのだんな様Tさん。先週パラグアイから来加されたばかりのTさん、まだロッキー8日目というのにすでに6日もハイキングされています。師匠ご夫妻のバイタリティには脱帽です。今日の行き先はTさんまかせ、ありがとうございます。

20100722-3.jpg
バルディ山腹からみえるバリア・レイク

トレイルヘッドに何もサインのないバルディ山はいきなりの急登。先日のHa-lingの下りで膝をやってしまったようなので、はなっから痛みが・・・。

森林限界線までもうすこしのところで最初の難関、小さい小さい切戸(キレット)?です。ここで雲行きが少し怪しくなったのでランチだけとって帰ることに・・・・が、ランチを食べていたらなんだかお天気もややよくなってきたので「やっぱピークまで行こうか」ということになりました。僕も膝の限界まで挑戦。

20100722-4.jpg
小さいキレットを覗き込むC。

キレットから先はほとんどガレ場、森林の中を歩くよりは・・・ずっと楽しい。視界が開けるのが良いですね。

20100722-1.jpg
キレットのあともこんなガレ場が続きます

20100722-2.jpg
石でできたベンチ発見、その前には焚き火の跡が・・・。次の難関は正面の岩。

膝が痛み出したのでパーティからずいぶんと遅れましたが、なんとかピークまで到着。ピークから東側を望むともう何もない平坦な丘陵~平原地帯、でも、西の方を見るとロッキーの山々がずらり!まさかこんな思いもよらない景色が広がっているとは!!!驚きです。

20100722-6.jpg
ずいぶんと遅れをとって山頂までもう少し。他の皆さんはもう到着してくつろぎ中。

到着直前に、先行パーティー(下り始めていた)の一人がわざわざ戻ってきて「あれ、カルガリーのダウンタウンだから」と教えてくれました。うっすらと高層ビル群が見えています。写真には写らなかった、残念。

20100722-5.jpg
カナディアンのお兄さん、一言二言ですれ違ったあとでわざわざ戻ってきてくれて教えてくれました。親切。

20100722-7.jpg
Tさんの帽子の上にはヤムナスカが。ロッキーの東の玄関口。

20100722-10.jpg
片方は2000mから3000m級のロッキーの山々。

20100722-12.jpg
反対側は100km離れたカルガリーのダウンタウンまで望める丘陵~平原地帯。

さてさて恐怖の下り、膝の爆弾大爆発で冷や汗かきながらの下山でした。20年ほど前に痛めた膝、たまに痛み出すので注意していたのですが、久しぶりにやってきました。これで当分ハイキング、無理なようです。同行の皆様、ご迷惑をおかけしました。ごめんなさい。

20100722-11.jpg
高所恐怖症には辛い・・・。

20100722-14.jpg
リッジ、リッジ、リッジ・・・。

8月は一ヶ月間バンクーバー生活です。最高のシーズンにロッキーを歩けないのが残念ですが、街でゆっくりリハビリして9月の紅葉シーズンに備えます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。