カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2010/051234567891011121314151617181920212223242526272829302010/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気のない夜のしじまは五感を開放するようで、全身の毛穴がずっと開きっぱなしって感じかな。気配というのを敏感に感じ取ってしまう。社会や人の中でのピリピリ感ではなく、自然との間の緊張。生と死が直結している、そんなピリピリ感。
思えば20年近く前、初めてカナダを訪れたときは3ヶ月間ほぼずっとキャンプ生活、キャンプ場だったり人のいない山奥だったり。あのころもそんな感じを全身で受けとっていたなぁ。

Peyto blue.

Every sense was open while I was being in darkness surrounded by nature. Very similar feeling as all pores in the body keep opening. I'm getting super sensitive. It's not like nervousness in society or human relationship. Nervousness between man and nature. In it, alive and death are connected so naturally and directly. Such a sense of tension.

I remember that my camping life in Canada when I visited Canada first time. Then, for three months, almost every nights, I had stayed at camp ground or anywhere no one was around in deep mountain. I had been feeling same as well as I feel now.

20100607-3.jpg

前と違うのは体力。最大で32kgの荷物を担いでずいぶんな距離を歩き回れたのに、20kgで重いと感じるようになったとは情けない。

Difference is just my physical strength. I could mountain walk in long distance with maximum 32kg staff though now I feel it's heavy, only 20kg backpack.


雨の音、雪の音、風の音、木々の擦れ合う音、動物の気配、そして、それ以外の“何か”の気配。物理的なものも精神的なものも織り交ぜの夜の世界を畏怖の念を抱きながら一夜過ごして、外を覗くとなんだか青いものが・・・。

I feel nature around, sounds of rain,snow,wind and trees, sign of wildlife, and the others. Both physically and mentally things are mixed in this night world of darkness. Then I found 'the blue' outside...


20100607-4.jpg

天気は雪交じりの雨、残念ながらあまりよくないけれど、山の天気は変わりやすい、そのうち晴れ間も出るさ、と朝食やコーヒーをとりながら時間が許されるまでシャッターを切っていました。あとは写真をどうぞ。
・・・良いカメラと、何よりも撮影の“腕”、そして“感性”が必要だ・・・。

It's rain with snow, not so good though the weather is changeable in the mountain. I thought soon sun would be coming out. I shot pictures as long as I can having coffee and breakfast.
...I need good camera and photo technique and sense to take.


20100607-9.jpg
湖面にはガスが漂い・・・

20100607-10.jpg
ボウ・サミットには晴れ間が覗き始め・・・

20100607-8.jpg
湖の上にも少し晴れ間が見え隠れ。

20100607-6.jpg
と思ったらまたガスが・・・

20100607-15.jpg
それでも湖面に映える山肌は美しい。

20100607-11.jpg
再びガスが濃くなったかと思うと・・・

20100607-12.jpg
いきなり開けてきました!

20100607-13.jpg
凪いでいる湖面はまるで鏡のよう。

20100607-14.jpg
映りこむピークもくっきり。

20100607-20.jpg
鏡面仕上げの湖面も刻々と変化・・・

20100607-16.jpg
気温が上がるにつれて風が湖面をなでていきます。

20100607-18.jpg
鏡のような静かな美しさから、風がつくりだす不思議な風紋の美しさへ。

早朝5時から4時間の間、湖の変化を楽しむことができました。今年もペイトー湖のインクブルーを見ることができた幸せに感謝です。


おまけ

20100607-19.jpg
ボウ湖の前ではブラックベアーがタンポポを食んでいました。平和です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。