カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2010/031234567891011121314151617181920212223242526272829302010/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5時半起床、キャンモア-バンフの国道一号線からは、朝焼けに染まるランドルがとてもきれいに拝めます。

20100420-1.jpg

バンフに住む友人Kyleとシーズン前のウォーミングアップに行ってきました。去年も訪れたキャッスル・ルックアウト、昔の火の見やぐら跡です。朝の気温は0度、トレイルが心配でしたが・・・

20100420-2.jpg

ところどころ雪が残っていて、雪であってくれればいいのですががちがちの氷状態、のぼりはともかく下りが心配。

20100420-3.jpg

↑Kyleの愛犬、Skoki。ヘビーハイカーのKyleにいつも連れて行ってもらっているので山歩きの達人(犬)です。シェパードとピレネーの血を引いていて、まだ一歳半なのに、こんなにでかい↓。

20100420-4.jpg
立ち上がったら人の背も超します。

氷で滑りながらも約1時間でルックアウト到着。雲ひとつない最高のお天気、眺めは最高です。

20100420-5.jpg
さすがピレネーの血筋、山が似合っています。

今年もクロカンシーズンから大活躍のやかん君、ハイキングシーズンもよろしく。

20100420-6.jpg
シーズン初ハイク、ストームマウンテンに向かって乾杯!

ランチはおにぎり、だしといりこでお米をたいたらおいしかった。
90分ほどランチ、散策、コーヒータイムを楽しんで下山。気温もどんどん上がって、標高1980mのルックアウトも、とても快適でした。

20100420-7.jpg

下りは恐れていた通りずるずるで怖、靴スケートでゆっくりと下りていきます。ひとコケで今年のハイキングシーズンが終わってしまう!と思うと、慎重にならざるを得ません。それにしてもSkoki、さすがアニマル、滑りながらも駆け下りてました。

帰りにバンフのKyle宅でしばし歓談。音楽、山の話で盛り上がりました。帰るときに見せてくれたのはこれ↓。

20100420-8.jpg

熊の頭蓋骨、毛ものこっている、なまなましい・・・。

20100420-9.jpg

バンフからの帰路、ふと鉄道側で動くものを発見して、まさか、と思ったら・・・
ムーズ(♀)発見!レアです。今年もたくさんの動物達にあえる予感。吉兆です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。