カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロッキーのスキーシーズンがまもなく始まります。レイク・ルィーズが11月6日オープン、我がホームグランド、ノーケイが12月4日から。楽しみです。

ダウンヒルスキーとは別に“歩くスキー”、クロスカントリーもここでは楽しみの一つ。コースもあるのですが、夏場にハイキングで訪れた場所もスキーで行けちゃうんです。スキーを履いてハイキング、というわけ。

キャンモア・ノルディックセンター
ノルディックセンター広報より

キャンモアには1988年のカルガリーオリンピックのときにノルディック競技が行われた「キャンモア・ノルディックセンター」という立派な施設があります。コースは一般にも公開されていてここでクロカンのテクニックを磨くこともできる。そして周りのロッキーの山々には自然のコース(ハイキングトレイルとか凍った湖の上とか)が星の数ほど。キャンモアはクロカンをするには最高の環境が整っているところなのです。

日本では荻原兄弟のときにややメジャーになった感のあるクロカンなのですが、その後はあまり定着しなかったのかな、残念。競技面ばかりがアピールされるので、日本ではクロカンといえばレースという風に考えられがちですが、野山をゆっくり自分のペースでスキーで歩き回るという、まさに“冬のハイキング”という側面もあるのです。これが楽しくて仕方がない。夏には行くことができなかった場所にさえ、凍っていたり、雪があるからこそ行けちゃうんです! 
去年、ダウンヒルとあわせてはじめたばかりですが、すっかりファンになってしまいました。

ちなみに上の写真のように颯爽と雪の上を滑走するのが目標なのですが・・・

歩くスキー“クロスカントリー”
昨シーズン、カナナスキスカントリーの山中で。ダウンヒルと違って下りが難しい・・・。

歩くスキー“クロスカントリー”
ダウン・・・一度転んだら起き上がるのがとてもたいへん。

現実はこんなもんです。今年はがんばるぞ!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。