カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2009/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンプ3日目、いよいよ最終日です。帰りたくないょぉ・・・(:T_T;)。お父さんはすっかり子供状態、いや、以下・・・いゃあ、ほんとに帰りたくないです。

タカカウの滝キャンプサイト
奥の大きなテントが娘用、手前の小さいのは父さん用(力関係が良くわかる)、このキャンプ場ともお別れ・・・・さびしい・・・

そうも言ってられないので朝から帰り支度にバタバタ。実は昨夜、「明日は朝6時に起床だよ」と愛娘と約束してから寝袋にもぐりこんだのに、寝袋の中で寝ワインをいただいたせいかすっかり朝寝坊。
起きたのは7時前でしたm__m。
愛娘は、というと、なんと5時半から起きてお片づけ、お父さん起きたときにはすっかり帰る用意ができていて、朝食の準備をしている最中。

うぅ・・・面目ない・・・・。

そんなしっかり者の愛娘に感謝しながらおいしい朝食をいただいて、2泊お世話になったキャンプ場に別れを告げます。荷物をまとめて駐車場へ。

リヤカーで!
リヤカーに荷物を満載して・・・もってきすぎだってば!

駐車場からキャンプサイトまで少し距離があるのでこんなリヤカーで移動です。それにしても多すぎるこの荷物!雨対策グッズとして、本やら楽器やら持ち込んだせい、車で来れるキャンプ場だとついつい荷物が多くなってしまうのですよね。結局いらんかった。

最終日、まっすぐキャンモアに帰るはずもないハイキングフリークな僕ら2人!きっちり最後まで歩くつもり満々です!!今日目指したのはペイトー湖近くの「カルドロン・レイク」。

・・・が、しかし、トレイルヘッドでもあるペイトー湖は、今朝はこんな感じ・・・。

霧のペイトー湖
ペイトー湖のいつもの展望台から・・・ほぼなにも見えません。

霧だらけ・・・。これは下手したら遭難するわ、ということで「カルドロン・レイク」は今日はおあずけです。次回また挑戦するぞ!!

バックアッププランで歩いたのは、ロッキーの宝石「レイク・ルィーズ」から伸びている「プレーン・オブ・シックス・グレイシャー」。ついこの間ハイキングしてきた「フェアビュー・マウンテン」からも見えたトレイルです。

今日のお天気は国立公園内のどこも悪そう、ですがここ、レイクルィーズの辺りだけはまだ青空がなんとかもってくれそう。

レイクルィーズ from プレーン・オブ・シックス・グレイシャー
トレイルからはレイクルィーズがくっきり。

ビクトリア氷河
トレイルエンドではビクトリア氷河が大迫力で迫ってきます。

ビクトリア氷河を間近に見ることができるトレイルエンドで昼食の支度の間におやつを広げたらかわいらしいお客様も近寄ってきます。国立公園内のお約束のひとつ、「野生動物にえさを与えない」、ローカルの僕達2人は忠実にその教えを守りぬきます。冷たいわけじゃないんですよ。リスさん、それでも愛娘にまとわりつくまとわりつく。

氷河とリスと、愛娘
いじわるじゃないの、公園内の決まりだからあげられないんだってば。

あの氷河の向こうはこの間ハイキングした「レイク・オハラ」。また行きたいねぇ。
お父さんはここからあの氷河を超えて(アボッツ・パスという峠越え)歩いてオハラまで行きたいよ。

campday3-4.jpg
氷河の上にはアボッツ・ハット(山小屋)が・・・あの向こうは愛しのレイク・オハラです。

ランチを小一時間楽しんでから惜しむらく下山。風が出てきて(氷河から吹き降ろしの風!)少し冷えてきました。帰りにはこのトレイルにあるティーハウスも見学。

ティーハウス
プレーン・オブ・シックス・グレイシャーのティーハウス。2008年撮影。

下りたらすぐ近くにあるフェアビュー・ルックアウトという展望台にも行ってみよう、と話していたのですが、残念ながら小雨がぱらつきだしてきて、お天気も崩れ気味、で、こちらは断念。

その代わり、トレイルヘッドのレイクルィーズにある超有名ホテル「シャトー・レイク・ルィーズ」にゲストのふりして車を乗りつけ、大好きなエクレアをゲット!愛娘もこの味には満足だったようで、紹介した甲斐がありました。

レイクルィーズ・ナッツクラッカー・エクレア
うっかり父さん、今日のエクレアの写真を撮り忘れたので前回フェアビュー・マウンテンのときのエクレアを。

キャンモアまでの約1時間のドライブ、さすがに我が愛娘Fちゃんはお疲れでぐっすり、3日間歩き詰めだったもんね、おつかれさま。親知らずが痛いのを我慢して、薬で散らしながらの参加でした。いつもいつもこのがんばり屋さんには感心させられます(野外活動だけではないのです、仕事もお勉強もほんと一生懸命!よくできた娘です、花丸たくさんあげる)。

2泊3日のフロントカントリー・キャンプ。残念ながらピーカンの晴天には恵まれなかったけど久々の野外活動で心身ともにリフレッシュできました!
やっぱ、ハイキングとキャンプ最高 V(^g^)V!!!
これからも冬直前まで、きっちり歩くぞ!!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。