カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2009/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日(月曜日)まで怒涛のロングウィークエンド。
夜のお仕事(レストラン)は、ちょうどカルガリーヘラルド(新聞)の有名フードコメンテーターが連休直前に「連休中にカナディアンロッキーに行くならこのレストラン!」とローカルラジオで長々と大絶賛してくれたこともあって、見事なまでの繁盛振り。その上連休中でスタッフもいくらかお休みを取っていたので少ない人数でバタバタバタバタ。キッチン2日間にサーバー2日間、ちかれまくり・・・まいりました、です。

そんな忙しかった連休最終日のピークも過ぎ去った夕方(午後9時半頃)、ふと、時おり雷を伴う上空を見上げると空はこんな色・・・

空

空

空

夕焼けの中に入ったようなそんな感じ。写真ではなかなか伝わらないのですが、実際の色は神々しいばかり。最後の一組のお客さんもそっちのけでシャッターを切っておりました、ちゃんとお客さんも一緒にこの空を楽しんでもらいましたけどね(こういうところはカナディアンはおおらかでよろしい、日本なら怒られます)。

この日はサーバー僕ひとりで走り回っていて泣きたくなるような一日、長々と待たせてしまったお客さんにごめんなさいでしたが、最後の最後にお天道様から「おつかれさま」のギフトをいただいたようで、何やらほっとしました・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。