カナディアンロッキーのとある田舎町に住み着いた管理人のなんてことのない日々。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年9月25日の記(ただいま怠けていた分のアーカイブ中です)

レイクルィーズでの仕事も間もなく終了。併せて夏のハイキングシーズンも間もなく終了です。あとどれだけ歩けるかなぁ。今日は職場の近くにそびえるお山、Mt.Niblock とMt.Whyte を目指します。レイクルィーズからビッグビー、リトルビーハイブを見上げたときに、その後方にそびえる、鞍部を挟んだ二つの大きなピークがニブロックとホワイトです。トレイルヘッドはレイクアグネス。

IMG_6592.jpg
アグネス湖のティーハウス前から眺めるホワイト山(中央奥)。ニブロックはまだ見えない。左のピークはデビルズサム。

IMG_6602.jpg
アグネス湖の対岸までいくとニブロックが見えてくる。ここがトレイルヘッド。ずっと直登のスクランブルです。

最初の難関、モレーンを登りきって、ちょっとした崖のぼりをしたあとにいきなり曇天、雨も降り出したのでおやつ休憩ついでに様子を見ることに。やみそうになかったのだけど山の天気はいつも気紛れ、20分ほどでまた青空が顔を出し始めました。再スタート、動き出してすぐに4人のパーティーと遭遇。「ニブロックで降り始めたのでホワイトは断念した」と悔しそう。

岩場をどんどん登って、ときどき振り返ると、

DSCF1494resize.jpg
アグネスとルィーズが見えてきた。

目線を上に向けると、こんな山も。

DSCF1519resize.jpg
テンプル山もくっきりと見えてくる。

けっこうしんどいガレ場を抜けてようやく稜線へ、いきなり反対側の山々がドーンと眼前に広がります。いつもながらこの開放感がたまらない。

ホワイト山側の裏側を見るとさらに圧巻の光景が。

DSCF1512resize.jpg
巨大な氷河がホワイト山にはへばりついていました。知らんかった。

ホワイト山の氷河に見とれていて「おや?」と思ったのは奥に見える山、おぉ、ビクトリア山とビクトリア氷河がくっきり、それにその左には先週登ったレフロイ山が。と言うことはその鞍部にはアボットパスハットが見えるはず、とズームイン。

DSCF1521resize.jpg
この写真の大きさでははっきりしないけど確かに見えました、アボットパスハット。

北西に目を向けると巨大なバス氷河も。

DSCF1525resize.jpg
いつか歩いてみたいバス氷河。

とりあえずニブロック山頂を目指して稜線歩き、けっこうきわどいリッジで足下注意しながら、です。そして山頂のケルン発見。

DSCF1522resize.jpg
ニブロック山頂のケルン。

遥か下にはレイクルィーズとレイクアグネス。ルィーズの右にはフェアビューマウンテン

DSCF1540resize.jpg
フェアビューもずっと下に見えています。

そして到着、寒いのでカッパを着て写真をぱちぱちやっていたら、何やら雲行きがまた怪しくなってきた、、、って、後ろの黒雲はもしやもしやの、、、。

DSCF1557resize.jpg
いつの間にやら黒雲がわいてきた、ゴロゴロ音も。

雷雲!!やばやば、と大急ぎで撤退です。遠くでゴロゴロ鳴り出してきた。以前キャンモアの裏山やボウサミットで雷には怖い目にあっているのでもう雷はいや。でも今回は今までよりずっと近いぞ。今来た細いリッジをとにかく駆け下ります。来るときにあんなに慎重に歩いたのが不思議なくらい、猛ダッシュで岩を蹴るのですが、うわ、、毛穴がたって髪の毛がたち始めた、すっかり帯電しています。もうくる。

稜線からはずれて数十メートル駆け下りたとき、「ドーン」と大きな音がして目からまさしく火花、雷がすぐ上(稜線上)に落ちました。もう無理、っとその場で雷対策ポーズ。できるだけ広い所でただただ靴底だけ地面につけてうずくまります。はやく雷去ってくれぇ。

DSCF1565resize.jpg
雷のあとの虹、生き返った感倍増。

5分ほど我慢してうずくまっていると一気に雲が去り晴れ間がのぞいてきました。ふーぅ、助かった。何事もなかったかのように空には虹がかかり、逆立っていた髪も元に戻りました。駆け下りてきた岩場を見てびっくり、よくここを走って下りてきたなと感心します。そっちでけがをしなかったことも幸運。もう雷はいや、あっ、ホワイトに行き忘れた、こちらはまた次回です。

スポンサーサイト
2012年9月19日の記(ただいま怠けていた分のアーカイブ中です)

...つづき
さて翌日、興奮してあまりよく眠れなかったけど5時起床。気になる天気は、、、、猛吹雪、、、。これはまた無理か、と二度寝に突入。7時に再び起きるもまだ外は吹雪いています。ビクトリアを狙っている3人組もまだ様子見。とりあえずご飯を食べて待機、天気が好転する様子も見えず、無理っぽい感じが漂います。

DSCF1351resize.jpg

9時少し前、まだ外は吹雪いているのですが、同宿の3人組がパタパタと準備をし始めて(あきらめて帰るのか)と思いきや、「では行って来る」と言ってビクトリアへの登頂開始。すげ。僕らはもう少し待つことに。

10時頃になってようやく時折晴れ間が見えてきました。これなら行ける、レフロイ狙いでくずれたら引き返そう、ということで、予定よりかなり遅くなったけれどレフロイ山に向けて出発です。

DSCF1369resize.jpg
時々だけど空にはこんなに青が広がった。

DSCF1376resize.jpg
峠で天気が2分されるのがはっきりわかる。左(BC側)は曇り、そして右(アルバータ側)は晴。

DSCF1382resize.jpg
リードしてくれるクリスが頼もしい。

IMG_5150resize_20120727112717.jpg
斧をさしながら、えっちらほっちら歩きます。足つめた。

DSCF1379resize.jpg
確保して振り返ると、、、

DSCF1384resize.jpg
眼下にはレイクオエサと、そしてレイクオハラも見えてきた。

とにかくキックステップで上へ上へ、僕の履いているのはオールシーズンの登山靴だけどさすがに冷たくなってきた。ここでは冬専用の靴、必要だなぁ。きりのいい所で昼食をとることに。急傾斜でどこにも平たい所がないのでまずは小さいながらも平地をつくってしゃがみ込みます。

DSCF1387resize.jpg
朝一で出かけられていたら必要ない時間だったのでもったいない。

DSCF1393resize.jpg
食事中、足下にはレイクオエサとレイクオハラ。

昼食の時点で3時間半近く経過していたので間もなく稜線だろうと見当をつけて(このとき上は霧で全く見えず)、ここに荷物を置いて身軽で登ることに。ところが、これが失敗。五十メートルほどあがったらなんと足下が斧も少ししかささらないようなカチカチの氷に。斧とクランポンのみ、ロープなし、あとどのくらいかわからず、危険か、ということで仕方なく下りようか、というとき、、、

DSCF1397resize.jpg

晴れ間が見えて稜線がはっきりしました。あと20mくらい。それならば、とやや無謀だったけど足場を慎重に探りながら進みます。そしてようやく、

DSCF1400resize.jpg
稜線到着!

DSCF1407resize.jpg
右は崖っぷち。

ちょっとだけど晴れてくれた。でも残念ながら下界の様子ははっきり見えず、リッジの反対側が見たかったのだけどクリフしか拝めませんでした。

山頂まではもう少し歩かないといけないのですが足下の状態が悪いのと、ロープもおいてきたので今回はここまで。それでも達成感は言うこと無し。天気のいい日にしっかり山頂を踏みしめたいと思います。さ、くだりくだり。

IMG_5153resize_20120727123245.jpg
名残惜しんでいる僕を、先におり始めたクリスが下から撮ってくれた。

IMG_5156resize.jpg
下り、氷の部分は慎重に。

硬い氷の部分を超したらあとは急傾斜を滑り台のようにしてお尻ですべるすべる。滑落停止訓練を何十回も繰り返している感じ。クリス、滑るのうまい。マネをするけどなかなか僕はうまくいきません。ずいぶんとはなされてしまいました。

DSCF1444resize.jpg
左下、アボットパスハットも見えてきた。

DSCF1460resize.jpg
途中休憩、やや放心状態。

無事ハットまで帰還。興奮覚めやらず、もう一泊くらいハットに泊まって余韻を噛み締めたいのですが、明日2人とも仕事なので今日中に下りなきゃです。

アボットパスからレイクオハラまでもけっこうな距離。もうオハラから駐車場までいく最終バスには間に合わないから歩かなきゃ、と覚悟していたのですが、オハラから少し下りた所でパークスの職員が拾ってくれました。うーん、日頃の行いが良すぎるのだろうか、僕ら。

DSCF1469.jpg
Thanks Chris!! クリスとアボットパスハット(はるか後方)。

はじめてアボットパスに登ったときから憧れていたレフロイ山、稜線までとはいえようやく登れて最高でした。頼れるバディがいなければとても登れなかった所、ほんとうにクリスに感謝です!ありがとう、クリストファ!!

2011年9月18日の記(ただいま怠けていた分のアーカイブ中です)

あいかわらず休みの日はあまり天気がよくないのですが、今回の2連休は楽しみにしていた本格登山、大好きなレイクオハラからアボットパスを目指し、パスの山小屋、アボットパスハットにステイしてレフロイ山とビクトリア山に望みます。

両山ともに雪と氷のミックスする急斜面、僕の技術ではソロは危険なのでバディが必要。今回は頼もしい山のエキスパート、同僚クリスがバディを引き受けてくれました。13歳から本格的に山を始めたクリスはアコンカグア7000mも制した男、安心してリードしてもらえます。

DSCF1314resize.jpg
オーストラリアからのクリス、アコンカグアを通常の3倍のスピードで登った男。バックはレイクオエサ。

8時半のシャトルバスでオハラ入り、レイクオエサを経由してアボットパスへと向かいます。気温は2度、天気は曇り、、、上は雪のようです。

オエサまでは軽いハイキング、ここからは急傾斜のザレ場が続きます。ちなみに前回登ったときのお天気のいいアボットパスの写真はこちらから。

http://banzairocky.blog78.fc2.com/blog-entry-197.html

雪とザレ場のミックスは非常に歩きづらい、、、確実に前回よりもペースが落ちているのを体感。さすがのクリスはこともなげに登っていって徐々に離されていきます。途中下山中の15人の団体様に遭遇、ハットにステイしていたようですが、上は吹雪でレフロイやビクトリアには登れなかったそう、うーん、自分達も二の舞か?と不安になります。

IMG_5127resize.jpg
レイクオエサ(右下)がアボットパスへのトレイルヘッド。

DSCF1324resize.jpg
15名のパーティーとすれ違い。前を行くクリスの荷物はゆうに30kgを超しているのに、悠々と急なザレ場を歩いていきます。どんどんはなされる。

「もしも登れなかったらあれ行こう、あれ」と楽しそうにクリスが指差すのはオエサ湖からのびる雪と氷のカベ、、、グレイシャーピークへのルート。氷河用のアイスオックスで登れるのか???アイスクライミング用の斧がいるよ。

DSCF1332resize.jpg
アボットパスハット到着。いつ見てもこの建物は美しい。

クリスに遅れること5分ちょい、ようやくアボットパス到着、山小屋へと駆け込みます。中途半端な雪でさすがに前回より30分ほど時間がかかってしまった。今のところ誰もいなさそうだけど下から3人登ってくるのが見えたから今日は5人かな、なんて思ってたらほんのちょっとでその3人が現れました、ずっと下に見えたのに、、、はや。10時半のバスできたというからオハラから2時間半できた計算。カルガリーからというこの三人、プロのガイドクラスのスピードです。彼らは明日ビクトリア狙いということ。

DSCF1349resize.jpg
すごいスピードで登ってきた3人。

外は吹雪いていて視界もほぼなし。計画では今日レフロイに登って明日ビクトリアに挑戦する予定だったのだけどこの天候では無理そうなので、明日どちらかに挑戦ということに。とりあえずみんなでマキを割り、雪をバケツに詰めて水を確保してから一休みです。一人だけ吹雪の中外に出て空の様子を伺っていると、ときおりのぞくレフロイ、ビクトリアの山肌が神秘的、ここまで来て登れなかったらさびしいな。

DSCF1334resize.jpg
アボットパスから見下ろすレイクオエサ。

少しだけ風がやんだのでクリスと練習、レフロイの斜面にギアと一緒に飛び出しました。歩き方から確保の仕方、ロープワークや滑落停止訓練など、雪山で必要な基本テクニックを一通り実践訓練、ありがとう、クリストファ。明日は早朝出発予定です。

DSCF1340resize.jpg
クリス先生の雪山講座。

IMG_5134resize.jpg
吹雪の中で練習中、登ったり下ったり。

はてさて、あとは明日の天気を待つばかり、どうなることやら。

つづく...

昨年のボウピークでブログを中断してはや10ヶ月。当時働いていたレイクルィーズと冬の仕事場サンシャインスキー場のネット速度があまりにも遅くて更新を怠けていたのだけど、夏の仕事でバンフに下りてきて、少し環境が良くなったので復活です。冬になったらまた環境とともに怠けるかもしれないけど。

とりあえず昨年秋からの思い出話をこれから書いていきまーす。
本日の写真はこの夏大勢で訪れたレイクオハラ。この記事にたどり着くまでどのくらいかかることやら。

P1020640resize.jpg
久しぶりに(1年ぶり)シャトーで働いているMちゃんと歩きました。がっつり歩きたい、というのでスクランブルのメッカ、ボウピークが目標です。

写真はこちらから。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.1798735148081.73327.1830858203&l=cb3e1c2d4e&type=1

朝7時出発、残念ながら曇り空です。前日夜にちょっとしたアクシデントがあり一睡もしていないので気分はもうどっぷりダーク、Mちゃんには悪いけど、天気がこのままならいつでも引き返す準備OKという、まったくやる気ゼロのすたーと。ごめんなさい。でもこんな天気のときはもしかしたらのすごい光景が見れるかも、という一縷の希望も。

アイスフィールドパークウェイ、クロウフット氷河付近の微妙な位置にあるトレイルヘッドからまずはボウ川まで降りていきます。ボウピークへ行くにはまずこのボウ川を渡らなきゃ、です。以前ヘクターレイクへ向かう際に同じくボウ川(もう少し下流)を渡ったのですが、それよりはかなり短くて楽な渡りでした、ほっ。でも氷河の溶け水、水の冷たさはたまりません、おかげで目が覚めたけど。ちなみに今回はヘクターでの経験を元に、もしもの時(水量が多かったり深かったり)にはとロープを持参していたのですが特に必要なしでした。

川を渡ってから峠(クロウフット・パス)までは緩やかなのぼり、熊に注意しながら見通しの悪いところでは大声を出しながら進みます。天気はますますどんよりしてきて、さていつ引き返すかなとかまだやる気のない自分。

峠について少し休憩、とにかく寒いので着込みます。ここからピークまでは完全なスクランブル、ただただ上を目指して岩山を登るのみ、トラックもほとんど見当たりません。天気が悪くて中腹までしか見えないので地図で方向を確認してとにかく東側へ登り始めました。

曇り空はかわらないのですが、かなり雲が下がってきている、、気温が上がりそうにないので停滞しそう。ここに来てやる気が出てきました。峠からピークまでの500mで雲を追い抜く可能性が大。そう、狙っていたのは雲海!徹夜の疲れも忘れてとにかく上へ。

でもこのスクランブル、相当手ごわいです。大きな岩も崩れやすいし、細かいざれ場はずるずる滑り落ちる。足首をひねらないように慎重に。

稜線らしきところが視界に入ってきたあたりで振り返ると、すばらしい眺めが飛び込んできました。雲に漂うクロウフット山の尾根、デイリー山のピーク、そしてバルフォー山の氷河。幻想的に雲の合間に見え隠れしています。もうここから急速にペースダウン、立ち止まって振り返っては写真撮影です。

尾根に着いた頃にはすっかり雲を超えて、期待通りの雲海にうっとりです。たまりません。見渡しながらゆっくりゆっくり山頂を目指しました。

山頂に着いた頃には雲も晴れ、北にはボウレイクが、そして南にはヘクターレイクが青々と望めました。朝とはうってかわって最高のコンディションです。遠くにはテンプル山もくっきり。でも残念ながらアシニボインは確認できなかった。風もそれほどなく気温も上がってきたのでランチもおいしくいただけます。最高。

珍しいものも見れました。足元にあった大きなセッピの塊、真ん中10mほどの長さが一気に大きな音とともにどんと落ちてびっくり。気をつけなきゃな、セッピ(cornice)。

ずいぶん長いこと山頂を楽しんでから、温度は岩場下り、こちらの方が登りよりたいへんです。砂すべりをするには微妙に礫が大きくてうまくスライディングできず手惑いました。膝もイタッ、、、。

峠まで降りて、さてこのまま普通には下山しません。ここまできたらバルフォー山が展望できる展望台まで脚を伸ばします。バルフォー山の氷河の水はヘクター湖の水源。アイスフィールドパークウェイのヘクター展望台からは水の流れ込む様子はみれないので、ここまできたらそれを見て帰らなきゃ、とさらに南へ足を伸ばしました。

峠をまずは数キロかけてゆっくり下って、一気に100m強の丘を登ると、見えました!さっきまで山頂から見ていたバルフォー氷河が森超しに伺えます。ヘクター湖へ流れ込む様子も木々の間からですがくっきり。ヘクター湖もヘクター山も、ヘクター山の氷河もはっきり見える位置で大満足です。

朝はどうなることやらと思って歩いたボウピーク+α、なにがなにが、記憶に残るすばらしいハイキングになってくれました(帰りの川渡りも冷たかったけど)。実をいうとあまり興味のわかなかったボウピークなのですが、「ボウビーク行きたい!」と言いつづけてくれたMちゃんに感謝です。ありがとう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。